利便性の高い移動手段として活用価値が高いバス

移動を安く済ませるには

運転手

長距離移動のお勧め移動手段とその利用方法

日本国内の旅行や長距離移動では新幹線と並んで代表的な移動手段が夜行バスです。夜行バスは文字通り真夜中に高速道路を走って目的地に移動するバスで、首都圏から地方まで県を跨いだ移動を行います。新幹線と比較すると優れているのは安さと移動範囲です。例えば東京から大阪まで新幹線で移動すると15000円程度の料金かかりますが夜行バスの場合は最安値で1500円となり、およそ10分の1の値段で移動することができます。また、新幹線と比較して移動先の自由度が高く、東京から長野や新潟、青森行きなど多数の便があり、首都圏から全国の都道府県ならほぼどこでも行けると考えてもよいでしょう。夜行バスを利用するには事前予約が必要な場合と、不要な場合があります。ただし予約不要な場合でも席が埋まってしまうと乗ることはできないので、ウェブサイトや電話で予約しておくとよいでしょう。料金体系も様々で、ウェブサイトで予約した場合はあらかじめコンビニ決済などで料金を支払って、発行された証明書を持っていく必要がありますが、予約不要である場合にはバス停で現金を支払うパターンもあります。また夜行バスは都内を移動するバスとは違う専用のバス停に停泊しますので、停泊場所と時間を調べて移動しましょう。当然のことながら出発予定時間に遅れてしまうとそのまま出発してしまうので、東京近辺など特に入り組んだ場所に停泊する夜行バスには時間に余裕をもって行動しましょう。

Copyright© 2019 利便性の高い移動手段として活用価値が高いバス All Rights Reserved.